七五三のお祝いに♩選べるフルーツギフト券はみんな喜ぶ魔法のギフト

こんにちは、青果専門店とっておきやスタッフの後藤です。

今回は、11月の行事にもある「七五三」についてブログを書きたいと思います。七五三の由来や時期、年齢の意味から、オススメの贈り物などご紹介していきます。

また「七五三のお祝いが無事に終わって、いただいたお祝い返しをどうしようか?」と、今からお返しを何にしようか悩んでる方にも必見です!!

七五三のお祝いに♩選べるフルーツギフト券はみんな喜ぶ魔法のギフト

七五三とは

フルーツギフト券おすすめ行事「七五三」とは

七五三とは”子供の健康を願って始まったとされる説が有力だそうです。

3歳・5歳・7歳の節目に、「これまでの子供の成長に感謝する」「今後の成長を願う」意味で、家族や親戚と神社にお参りをするのが一般的とされています。

七五三の始まりは?

今のように医療の発達していない時代には七歳までは神の子という言葉があったほど、子供は長く生きることができず、死亡率が高かったそうです。

そのため、無事に大きく健康に成長することを祈るさまざまな儀式が行われていました。

七五三のルーツは、3歳の男女の「髪置き」、5歳男子の「袴着(はかまぎ)」、7歳女子の「帯解き」のお祝いが、裕福な家庭では行われるようになりました。

やがて時代が進むにつれて、3歳・5歳・7歳の3つの祝い事をまとめて「七五三」と呼ぶようになり、裕福な家庭だけでなく庶民の間にも広まりました。

これが現在の”七五三のはじまり”だそうです。

いつの時代でも、子どもに「元気に健康で育ってほしい」と願う親心は変わらないものですね。

七五三っていつ?

全国的に「11月15日」とされています。

現在では、先に撮影だけ終わらせてしまう「前撮り」や、込む時期を外して別の時期にお祝いをする方も多いですね。おじいちゃんおばあちゃん、各家庭が調整しやすい日に行うとよさそうです。

お祝いをするお子様の年齢(満年齢)

七五三ブログ3

男の子・・・3歳と5歳

女の子・・・3歳と7歳

※地域によっても違うので、近親者に聞いてみましょう。

贈り物の予算の目安

おじいちゃん、おばあちゃんの場合は、1万円~2万円

近い親戚では、3,000円~5,000円ほどが目安です。

七五三の贈り物を渡す時期

10月中旬~11月15日前の日の良い日(大安など)が良いとされています。各家庭で、お祝いする時期が異なるので、事前にわかると良いですね。

七五三の贈り物(プレゼント)は何が喜ばれるの?

七五三ブログ1

かわいいお孫さんや、親しい方のお子さんへの七五三のプレゼントは何がよいか悩みますよね。多くは、七五三のお祝いを贈るとき、 ごく親しい身内だけで良いそうです。

また、ご近所同士や、知り合い等の付き合いであれば、お祝い金、お祝いの品を贈らなくても、特にマナー違反にはなりませんが、以前に頂いている相手には、きちんと贈り物をするとよいでしょう。

七五三で贈ってはいけない物

おめでたい時にはあるあるですが、七五三でも贈ってはいけないものがあるんですね。七五三のお祝い、また、お返しの品物には「縁起をかつぐ意味」から…

  • 陶器・・・割れてしまう、壊れやすい
  • ナイフ、包丁、はさみ・・・縁が切れる

このようなものは極力避けるようにしましょう。

七五三の贈り物やプレゼントを渡す時期は?

事前に、お贈りするお子さんの好きなものやプレゼント品の希望を聞いておくといいですね。

実は、七五三での子供の晴れ着は、一式を揃える場合はかなり金額がかさみます・・・。

プレゼントではなく、親族でお金を出し合ったりして、お祝いの品が多くならないようにすることもできます。

写真を撮影する時や、お参りに行くときのことを考えて、当日の衣装に合うぞうりや靴、扇子や髪飾りなどの付属品も喜ばれますね。

また、どんな時にでも役立つものとしてギフト券現金を包んでも構わないようです。

★そんなときにオススメの「選べるフルーツギフト券」★

フルーツギフト券5000円イメージ1

何にしようか迷う中でも、お子さんの喜ぶおもちゃやゲーム、日用品のプレゼント多いかと思います。

しかし、親目線から言わせていただくと(私、個人の意見です・・。)おもちゃやゲームは誕生日やクリスマスプレゼントでたくさんもらっているんです・・・。

これ以上、好きなものを与えてしまうと、なんでも手に入ると思われてしまう・・そう思ってしまいます。

そんな時、嬉しいのがギフト券です。

中でも「選べるフルーツギフト券」好きなフルーツを選べて、子供たちも、おじいちゃんおばあちゃんもみんなで一緒に食べることができる、というのがとてもいいですよね。

食べきれない場合は、ご近所にお裾分けもできますし。

七五三のお祝い返し(内祝い)

七五三ブログ4

七五三の内祝いをどんなものにするか。また、予算をどれくらいにすればよいのか。

とても迷うところですよね。しかし、そもそも七五三で内祝いって必要なのでしょうか?

まずは内祝いについて考えてみましょう!

内祝いは必要?

内祝いとは、そもそも単に「めでたい事」に頂いたお祝いへの返礼品というものではないそうです。

本来の意味での内祝いとは、”我が家におめでたい事があり、その喜びの気持ちをお祝い品という形としてお贈りし、一緒に喜びをお裾分けしよう”というもの。

あくまでお返しではなくお祝いの記念に配るものだそうです。

現代の内祝い

以前は、何かおめでたい事があれば、お祝いを頂くより先に内祝いを贈るのはおかしいことではなかったのですが、時代も変わり、今では貰ったものに対するお返しの品という認識が一般的になってきました。

最近では、七五三をはじめ、入学、卒業、就職などでも内祝いお渡しする習慣が増えてきました。

七五三で内祝いをするのかしないのかに関しては、まず近親者や周りのご家庭に聞いてみるのが良いでしょう。

一般的には、不要だからということで七五三の内祝いを用意していなかったところに、たくさんのお祝いをもらってしまい後悔することになってしまったなんてこともあり得ますので、その辺りは事前に考えておくと良いかもしれませんね。

どんな内祝いがよい?

実際に、七五三で内祝いを用意するとしたらどのようなものがよいでしょうか。

まず、七五三のオーソドックスなものとしては、「お赤飯」「千歳飴のセット」ですよね!

ただ、スタンダードすぎて、どなたかとかぶってしまう可能性も・・。贈る相手を考えて品物を選びましょう。

七五三の贈り物へのお返しの内祝いにはフルーツギフト券がオススメ!

こちらは予算にあったものを予め用意することができますし、何より相手の好みがわからなくても、ギフト券であれば気軽にプレゼントすることができます!

お子様もご年配の方も、お返しする年齢の幅が広い場合、せっかくですから皆様にお楽しみいただけるお返しの贈り物を選びたいですよね。

こちらのフルーツギフト券なら、値段の予算も3段階(3780円コース、5400円コース、10800円コース)あるので、いただいたプレゼントやお祝い金の金額に応じてお返しできます。

フルーツカレンダーの中から、受け取った方が好きなフルーツが選べますし、お裾分けも可能です。

七五三の時期(11月ごろ)は、一般的にはみかんやりんごなどが多いですが、フルーツギフト券はメロンやスイカ、さくらんぼや桃など、違う季節のフルーツを選ぶこともできますので、好きなフルーツを一番おいしい時期に食べられるのはとても魅力的ですよね♩

▼フルーツギフト券の詳細はこちら♩

フルーツギフト券商品ページへ_10000円コース

七五三の内祝い。一般的なマナーでは必要ないとされていても、最低限の準備をしておくことも念頭に入れておいた方が良いという事ですね!

あとがき

いかがでしたか?

子供の頃は七五三といえば「着物を着て写真を撮るだけのイベント」というイメージでしたが、子供の事を思う親心あってこそのイベントだったんですね。

子供へのプレゼントやお祝い返し(内祝い)など、身内や親戚、ご近所との関わりも強いお祝い事です。

周囲の人々の支えあっての行事、感謝の気持ちを忘れないように過ごしていきたいですね♩

青果専門店とっておきやTOPページへ

The following two tabs change content below.
後藤

後藤

2010年入社。静岡県出身。管理栄養士と惣菜管理士1級の資格を持っています。長年おせち専任担当としてやっていましたが、育休明けを機に青果担当にも就任。オージーフーズの魅力は今までに出会ったことのない食べ物に出会えること。全国の産地メーカーの皆様と杉さんに感謝ですね!好きなフルーツはさくらんぼで、特に紅秀峰がお気に入りです♩

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする