展示会「野菜・果物ワールド」へ青果専門店とっておきや一同で出展しました

皆さんこんにちは。青果専門店とっておきやを運営する株式会社オージーフーズの青果担当最年長の杉本(66歳)です。

11月下旬に東京ビックサイトで開催された展示会「野菜・果実ワールド」に弊社の通販事業部スタッフ一同で出展いたしました!

展示会の様子を写真とともにレポートいたします。

展示会「野菜・果物ワールド」へ青果専門店とっておきや一同で出展しました

展示会出展の目的

今回の展示会の出展目的は「青果専門店とっておきや」で販売している「フルーツギフト券」をご紹介すること。

そして、弊社だからこそ取り扱うことができるとっておきの珍しいフルーツをご来場者様にご覧いただくために出展いたしました。

弊社内でも他の部門(フードコーディネート事業部やおせちチーム、物流部など)はこれまでも何度か展示会に出展していましたが、青果の取り扱いだけでの出展は初の試みでした!

スタッフ一同、気合いを入れてブースの飾りや陳列するフルーツを準備しましたよ。

当店の自信作「フルーツギフト券」とは

青果専門店の自信作「フルーツギフト券」

当店の「フルーツギフト券」とは、私達が厳選したとっておきのフルーツのラインナップから、ギフト券を受け取った方がお好みのフルーツを選んでいただける商品です。ご贈答品として便利に使っていただけますよ。

ちなみに、販売ページはこちらです。

https://seika-totteokiya.com/?pid=121889601

ご予算に応じてラインナップや選べる数が違いますので、ご興味のある方は販売ページをチェックしてみてくださいね。

もしご不明点がございましたら、どうぞお気軽にお問合せください。

展示会で陳列したとっておきのフルーツたち

展示会「野菜・果物ワールド」で陳列したとっておきのフルーツ

やはりフルーツは季節ものですから、ちょうど今が旬の品種をいくつかと、そして産地の方に交渉して特別に少し早めに手配していただいた「季節先取り」の品種を実物で揃えることができました。ご協力くださった産地の皆様、本当にありがとうございます!

下記のフルーツ12品種の実物を見本としてブースに並べました。

  • JAにしうわ産(愛媛県産)小玉みかん(宮川早生種Sサイズ限定)
  • JAえひめ中央産(愛媛県産)紅まどんな 2Lサイズ
  • JAにしみの産(岐阜県)陽豊柿(ようほう柿) 3kg詰
  • JA紀北かわかみ産(和歌山県)紀の川柿 3kg詰
  • JA宮崎県経済連(宮崎県)ハウスきんかん 3Lサイズ
  • JAてんどう産(山形県)スーパー・ラフランス 1kg詰
  • JAにいがた南蒲(新潟県)ル・レクチェ
  • JA伊豆の国産(静岡県)紅ほっぺ苺 500g平パック
  • 安曇野産(長野県)(生産者限定品)サンふじ&ぐんま名月
  • つがる産(青森県)(生産者限定品)こうこうリンゴ(黄色系蜜入り)
  • JA江刺産(岩手県)サンふじ(蜜入り)
  • メロックス(静岡県)アローマメロン(マスクメロン)

※フルーツギフト券のラインナップに無い品種もございます。ご了承ください。

当店のブースをお目に留めてくださって、お立ち寄りくださった方々へJAにしうわの「小玉みかん」を中心に試食して頂きました。時には「ハウスきんかん」「サンふじ」「ぐんま名月」「こうこう」などなども試食としてお出しすることも…!

皆様に味をご堪能いただきました。

展示したフルーツを見たご来場者様方の反応

展示会「野菜・果物ワールド」見本フルーツ

3日間の会期の間、当店のブースを見てくださったご来場者様からいただいたお声や、皆様の反応をご紹介いたしましょう。

やはり青果のプロの方も多数いらっしゃっていたようで、陽豊柿紅まどんななどは「生産者が少ない品種なのに、よく用意出来たね~!」とビックリされていました。

陽豊柿をご存知ですか?大きい!赤い!甘い!三拍子揃った幻の柿
岐阜県産の「陽豊」という柿について、青果部長が熱く語ります。陽豊柿の特長、味、名前の由来、歴史、栽培について詳しく解説します。産地で撮影した写真や動画もありますよ!フルーツ好きな方に知っていただきたい、とっておきの柿「陽豊」です。柿好きの方必見の情報満載です。
紅まどんなとは。愛媛生まれの希少な柑橘の特長や魅力を徹底解説
「紅まどんな」について、青果専門店とっておきやの青果担当が語ります!日本全国の中でも愛媛県だけの、超希少な新柑橘「紅まどんな」をご存知ですか?日本の冬の風景になじみ深い柑橘の中でも新しい品種です。産地へ行ったときの写真とともにご紹介いたします。

また、和歌山県産の紀の川柿も皆様の注目を集めていました。

やはりあのビッチリ果肉に詰まったゴマなど、見た目のインパクトがかなり強かったのではないでしょうか。真っ黒なゴマとクロス状の種無しの部分は他にはない魅力ですよね。

紀の川柿はカットした果肉の面をご覧いただけるようにラップに包んで切り口を展示していました。多くのお客様がカットした面を写メで撮って行かれていたので、紀の川柿の魅力を一人でも多くの方に知っていただけるきっかけになったかなぁと嬉しく思っています。

中には、「この柿の試食はないの?」と聞かれる方も多くいらっしゃいましたし、ありがたいことに「この柿はおいくら?ここで売って欲しい!」と云うお客様も多くいらして困ってしまいました。

印象に残ったお客様

展示会「野菜・果物ワールド」会場での様子

とくに私がお話しさせていただいた中でも印象に残っているのが、ブラジルから来日された日系ブラジル人の方で、現在ブラジルで柿を栽培しているという若い農家さんだそうです。日本の言葉もよくわかるようでした。現在、ブラジルで甘柿の富有柿を栽培し出荷していると仰っていました。

まず初めに紀の川柿を発見し、「この柿は何ですか?」「どうしてこの様なものが出来るのか?」「凄いゴマですね!」「初めて見ました!」等々と、興味津々たくさんの質問をいただきました。やはり自分がおすすめする逸品に興味をもっていただけることは私自身としてもとても嬉しいことです。

この紀の川柿は元々渋柿で、渋の抜き方一つで果肉がゴマ入りになったりすることなどなど…柿知識をたっぷり伝授しましたよ。この紀の川柿についてはブログでも詳しくご紹介しておりますのでぜひチェックしてみてくださいね。

甘柿って渋柿からの突然変異だとご存知でしたか?それぞれの特長とは…
秋の定番果物の柿について、「甘柿」と「渋柿」の特長をそれぞれ詳しくお話しいたします。実は、柿とはもともと「渋柿」だったんです。その渋柿から突然変異で「甘柿」が生まれました。見分け方なども解説します。柿好きな方に知っていただきたい柿知識が満載の記事です。

そして、見本として並べていた紀ノ川柿と陽豊柿を1個ずつ、良かったらホテルで食べ比べしてみて欲しいと伝え差し上げることにしました。

とても喜んで頂けたので、日本の美味しい柿をいつかブラジルでも栽培して、世界に広めていただけたら嬉しいとなあと思っています。

展示会情報

  • 展示会名:野菜・果物ワールド
  • 会期:2018年11月20日(火)~22日(木)
  • 会場:東京ビッグサイト西展示棟
  • 弊社出展ブース:V2-27
  • 展示会WEBサイト:https://jma-vegexpo.jp

展示会で当店のブースにお立ち寄りくださった皆様、お話しさせていただいた皆様、本当にありがとうございます!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
杉本

杉本

2003年入社。新潟県出身の66歳(2018年現在)です。学生時代から百貨店で青果販売に従事し、青果の道一筋に45年以上。市場で大野会長と知り合い、人柄に惚れてオージーフーズへ入社を決めました。好きなフルーツは柿とぶどうです。青果のことなら何でも聞いてください。趣味は産地訪問とスポーツ観戦です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする