「ぶどう」の種類も多種多様!青果担当がぶどうの品種をご紹介

殿様ガエル、アマガエル、カエルにいろいろあるけれど♪

ぶどうも、たくさん種類がありますよね。

私がこどもの頃はデラウェア巨峰くらいしか食べた記憶がなく、巨峰は皮を剥くのも面倒くさいし、種もあったので、正直好きではありませんでした。

デラウェアはこどもの頃から好きで、今でも大好きです。

最近では大玉の美味しいぶどうも増え、デラウェアに目がいく人が私の周りには少なく、ライバルなしにゲットしていたのですが、先日実家でデラウェアが3房出てきたのですが、うちの息子が2房食べてしまいました。思わぬところにライバル登場!

ちょっと脱線しましたが、昨今、市場にはたくさんのぶどうが出回っていますよね。

輸入ぶどうの種類は?

輸入ぶどうだと、レッドグローブクリムゾンシードレストンプソンシードレスなど安価でさっぱりパクパク皮ごと食べられるものが多いですよね。

国産のぶどうがない時期にもカラーコントロールとして小売りなどでも大活躍。

国産の青系ぶどうの種類は?

国産のぶどうだとまず青系で今一番業界の中でもここ数年注目されているのが、なんといっても「シャインマスカット」です。

↑シャインマスカットの産地へ行ってきました。まだ成長途中の様子ですね。

大粒」「皮ごと」「種なし」と3拍子揃って、もちろんおいしい、栽培もしやすいため、たくさんの県で栽培面積を増やしており、生産量も年々増えていっているのですが、なかなか値段が下がらない、貯蔵もきくし、棚もちもいいので、海外にも多く輸出されているそうです。

消費が国内だけでなく、海外にもニーズがあるので、まだまだお高いぶどうですね。

瀬戸ジャイアンツ」なんかも大粒皮ごと種なしでジューシーでおいしいですよ。

↑重量感満点の瀬戸ジャイアンツです!収穫前の様子です。

粒の形も珍しく、もものような形をしているので、桃太郎ぶどうなどと命名して販売しているところもあります。

国産の黒系ぶどうの種類は?

黒系は「巨峰」「ピオーネ」「ナガノパープル」「藤稔」「スチューベン」など小売りに一番多く並ぶのは黒系のぶどうですかね。

巨峰は言うに及ばず。

ピオーネは皮は基本食べませんが、風味・果汁申し分のないこれを買っておけばノープロブレム超おすすめのぶどうです。

大粒で食べごたえもばっちりです。

ナガノパープルは大粒皮ごと種なしの3拍子揃ったぶどうですが、栽培が難しく、なかなか数が増えてきません。

味は抜群によく、昨年もある芸能人が番組で一番おいしいと言っていました。お高いですが、試してみる価値ありです。

私のおすすめは藤稔です。トップランクを「大峰」という名前でブランド化している産地もあります。

今年の初セリで110万円の値をつけた石川県の赤系ぶどう「ルビーロマン」はこの藤稔の自然交雑です。

初セリ以外でもルビーロマンは1房ウン万円もするので、私は藤稔で十分です。

夏から秋にかけてぶどうの旬の時期が続きますが、ぜひ色々なぶどうの種類を試してみて、自分好みの推しぶどうを探してみてはいかがでしょうか!

The following two tabs change content below.
青木

青木

2014年入社。好きなフルーツは桃とミカンと紅まどんなです。小売畑を長く経験し、販売・青果トレーナーを経て、バイヤーに転身。杉本とともにほぼ毎日市場に通い、全国各地のとっておきの青果を探し回っています。毎年さくらんぼの時期になると産地にプチ単身赴任へ!(仕事ですよ。出荷のサポートを任されています。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする