あんぽ柿とは?品種のことなど、定番人気の冬の甘味のお話しです

こんにちは、青果担当の田中です。

今日は冬にぴったりの柿のおやつ「あんぽ柿」についてお話しいたします。

あんぽ柿を干す様子

あんぽ柿の産地へ行った時の写真です。丸っこい平種無柿を干している様子ですね。まるでオレンジのカーテン!

あんぽ柿とは?

あんぽ柿は、干し柿の一種です。

あんぽ柿という品種ではなく、柿を乾燥させた加工品なんです!

蜂谷柿平核無柿(ひらたねなしがき、と読みます)などの渋柿を一つ一つ丁寧に皮をむき、水分を50%程残して乾燥させ仕上げた、半生タイプの干し柿です。

干しあげることで、柿ならではの甘さを引き出し、果肉はとろりとやわらかく、上品な甘さを楽しめます。

あんぽ柿と干し柿の違いは?

あんぽ柿の産地見学(連通し)

柿を干す準備の見学もしました。「連通し」という作業だそうです。

あんぽ柿と干し柿は一緒です。

干し具合によって、あんぽ柿枯露柿など名前が変わります。

あんぽ柿と枯露柿の違いについては、先日アップされた青木の記事「あんぽ柿の作り方やおすすめの食べ方について青果担当が語ります」をご覧下さい!

あんぽ柿の旬の時期や季節は?

あんぽ柿といえば「」のイメージです。

産地にもよりますが、秋に収穫した柿を干しあげるので、12月位から出回るのが
主流ではないでしょうか。

暖かいコタツに入って、お茶と一緒にお茶菓子として召し上がるのは至福の時間ですね。

あんぽ柿の産地といえば?

全国の柿の産地はほとんどのところで作られているようですね。

有名なところでは、あんぽ柿の発祥の地と言われいる「福島県伊達市」や「和歌山」、「山梨」などが知られています。

同じあんぽ柿でもそれぞれの産地で異なりますので、その地その地で楽しむのもおすすめです!

あんぽ柿はどんな品種があるの?

蜂谷柿(はちやがき)や平核無(ひらたねなし)などが代表品種です。

蜂谷柿 … 干し柿専用の品種で、長楕円形の大粒で柔らかいのが特徴。平核無柿より甘みが甘みが抑えられていて、さっぱりとした甘さです。

平核無柿 … 渋柿の代表的な品種で、果汁が多く風味が良いのが特徴。種が無くて食べやすく、甘みが強いあんぽ柿です。

あんぽ柿について、スタッフ個人の感想

熟しすぎた柿を召し上がった事がありますか?

私は食感の有る柿も好きですが、皮がやわらかくなって、果肉がドロっと熟した柿をスプーンで食べるのも大好きです。

個人的に「あんぽ柿」は、この熟した柿に似た感じがあると思います。

柔らかくふっくら仕上がったあんぽ柿は、鮮やかなオレンジ色と、半分生のようなとろりとした果肉は、まるで高級和菓子のようです!

青果専門店とっておきやでは、福島県のあんぽ柿(蜂屋柿)の予約の受付が近日中に始まる予定で、ただいまページ準備中です。

ぜひチェックしてみてくださいね♪

青果専門店とっておきや

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする